プチコン4 まとめWiki

U-Filer

パンくずリスト

2020年12月25日投稿 / 投稿者 : りょうTanpo / タグ : 投稿プログラム ツール ライブラリ セーブデータ

概要

グローバル変数の値をファイルに保存して、あとから復元できるライブラリです。デフォルト値・整数・実数・文字列およびそれらの配列あらゆる型に対応しています。

似たようなライブラリがプチコン3号にあった気がしますね。

サンプルがなかったので取り急ぎ FMPETIT のデータ保存可能バージョンをいれました。使い方は多分それでわかるかと。

使い方

ライブラリの読み込み

適当なスロットにロードします。

  1. EXEC ”UFiler.prg”,1

変数リストの定義

保存するグローバル変数を定義します。定義にはふたつの方法があります。ひとつは DATA を使用する方法、もうひとつは文字列配列を使用する方法です。DATA にリストを記述する場合は、先頭にラベルを書いておき、リストの最後には目印として空文字列を追加します。

リストには変数の型にかかわらず変数名のみを記述します。

  1. dim updated$=date$()+” ”+time$()
  2. dim highscore=300
  3. dim score=0
  4. ’方法1
  5. @Globals
  6. data ”updated$”,”highscore”,”score”,””
  7. ’方法2
  8. dim globals$[]=[”updated$”,”highscore”,”score”]

セーブ

UF_DumpGlobals 関数を呼び出して、その戻り値を数値配列としてファイルに保存します。

このとき DATA でリストを作成した場合はその先頭のラベルを、文字列配列としてリストを作成した場合はその変数を、UF_DumpGlobals の引数として渡します。

  1. ’方法1
  2. savev ”DAT:TEST.DAT”,UF_DumpGlobals(@Globals)
  3. ’方法2
  4. savev ”DAT:TEST.DAT”,UF_DumpGlobals(globals)

ロード

ファイルから読み込んだものを、UF_RestoreGlobals の引数に渡します。ファイルにはグローバル変数のリストも一緒に保存されているため、ロードには必要ありません。

この 1 行でグローバル変数に値がセットされます。

  1. UF_RestoreGlobals loadv(”DAT:TEST.DAT”)

変数リストの取得

保存されているグローバル変数のリストを取得するには UF_GetGlobals を使います。なお、保存されているのに宣言されていないグローバル変数があるとエラーになってしまいます。

  1. dim globals=UF_GetGlobals(loadv(”DAT:TEST.DAT”))

ダウンロードキー

プチコン4 公開キー
4J2NE82HE

ひとことコメント

この作品に対するコメントがあればどうぞ!


メニュー 【4】

過去シリーズWiki

ヘルプ

リンク

最近の更新

最近の人気ページ

オンライン情報

  • 現在同時に 1 人がこのサイトを見ています
  • このページはこれまでに 591 回、本日は 1 回、昨日は 0 回閲覧されました

ページの先頭に戻る

表示モード : [ スマホ・3DS対応表示 | クラシック表示 ]
PukiWiki 1.4.7 Copyright © 2001-2006 PukiWiki Developers Team. License is GPL. Based on "PukiWiki" 1.3 by yu-ji
ページの処理時間 : 0.212 秒 | このページの最終更新 : 2020/12/25 (金) 12:57:33 (348d) | ログイン
Copyright(C) 2011-2019 プチコンまとめWiki