プチコン4 まとめWiki

投稿プログラム : ドキュメントツール「My-style Docs」

2019年8月17日投稿 / 2019年8月19日更新 / 投稿者 : 高原のな / タグ : 投稿プログラム ツール

概要

ちょっとしたドキュメントを見た目良く簡単に作るためのツールです。

基本的なことは一通り揃っていますのですぐに使えるほか、デザインを変更しやすいような設計がなされています。

操作方法

  • 左スティックや左側4ボタンの上下でスクロール
  • Aボタン(右側の4ボタンの右)でフォーカスした部分を操作
    • 見出しにフォーカスが当たっているときは、折りたたみ部分を開閉できます。

ドキュメント作成方法

やり方はプログラム中にたくさん書いておきました。上手に説明する方法が思いつかなかったので、今の所はとりあえずプログラムを読んでみてください。質問があったら下のコメント欄も活用してください。

公開キー

プチコン4用の公開キーです。トップメニューの「作品を見る」から公開キーを入力すると、作品をダウンロードできます。 現在の最新版は、バージョン0.1.1です。

プチコン4 公開キー
4EK3NYEBS

今後の展望・アップデート計画

現時点で計画中の更新内容を、優先度が高い順に記しておきます。

優先順位アップデート内容詳細
最高表機能の実装すでにプログラム中にも記載した通りの書式で描画できる予定です。
最高画像の埋め込み機能画像ファイルの一部を切り出して貼り付けたりできる機能の予定です。
フォーカス可能要素選択中のAボタン押下をトリガーとするイベント対応現在挙動を研究・計画中です。一部仕様変更の可能性があります。
スクロールバーの描画に対応現在の読んでいる位置を関数に通知して描画可能にする機能になると思います。
画像出力機能JPEGとGRP両方のタイプの出力に対応予定です。
マウスおよびタッチへの対応キーボードも含め、多数の入力に対応できるように調整予定です。
タイトル部分の画面下部への描画にも対応読んで字の如しの機能です。
エスケープシーケンス機能色付き文字構文でのみ使用可能な特殊構文になる予定です。
ポップアップウィンドウ機能プログラム本体の構造の抜本的な見直しが必要な可能性があるので保留中です。
完了画面上にある要素のみフォーカス可能にするよう挙動の変更この機能実装により、スクロールとフォーカスが同じボタンになりました。
完了一部操作の操作音ユーザ定義命令呼び出しで実装したので、BEEPやMML、振動などに対応できます。

CHECKER FLAG (ひとことコメント)

この作品に対するコメントがあれば一言どうぞ。(作品に直接関係ない質問や雑談は掲示板へ)


メニュー 【4】

過去シリーズWiki

ヘルプ

リンク

最近の更新

最近の人気ページ

オンライン情報

  • 現在同時に 1 人がこのサイトを見ています
  • このページはこれまでに 258 回、本日は 2 回、昨日は 0 回閲覧されました

ページの先頭に戻る

表示モード : [ スマホ・3DS対応表示 | クラシック表示 ]
PukiWiki 1.4.7 Copyright © 2001-2006 PukiWiki Developers Team. License is GPL. Based on "PukiWiki" 1.3 by yu-ji
ページの処理時間 : 0.020 秒 | このページの最終更新 : 2019/08/19 (月) 17:13:01 (64d) | ログイン
Copyright(C) 2011-2019 プチコンまとめWiki