プチコンまとめWiki (初代/mkII)

Toukou/DSの蓋を2秒閉じたら終了するプログラム の変更点


#title(投稿プログラム : DSの蓋を2秒閉じたら終了するプログラム)
#contents
2013年6月10日投稿
/ 投稿者 : 猫姫
/ &tag(投稿プログラム,mkII専用);

* 内容 [#j766df06]
小ネタみたいなものです。~
第2回プチコン大喜利のノミネート作品の中に~
「蓋を閉じて、開くとスタート」~
というのがあり、~
どうしたらそんなことが、できるのかなと~
電子説明書とにらめっこした結果です。
*遊び方 [#y3c0d522]
プログラムをRUNさせたら、~
蓋を2秒閉じて、開けてください。終了してます。
*使用例 [#xcec3e9a]
何に使うの?を受けての紹介です。入力のかわりに使うことができます。~
たとえば、ボタンを押す。タッチパネルに触れる。そういった入力と同じように、~
DSの蓋を開け閉めが入力として使えます。

>SIZE(30){[[A SHOT>http://wiki.hosiken.jp/petc/?Toukou%2FA%20SHOT]]}
>>COLOR(#999900){隠しコマンドとして実装しています。デバッグモードに切り替わります}

>SIZE(30){[[SPEED SUIJAKU>http://wiki.hosiken.jp/petc/?Toukou%2FSPEED%20SUIJAKU]]}
>>COLOR(#999900){ゲームスタートの入力として実装しています。}}

*クリックコメント [#l5d73dd3]
#vote(おもしろい[5],目からウロコ[9],参考になりました![32])
#vote(おもしろい[6],目からウロコ[9],参考になりました![32])
訪問者~
トータル:&counter(total);人~
今日:&counter(today);人~
* QR コード [#vfadeca2]
プチコンmkII 向けの QR コードです。~
|PRG:NHPTOOL1|
|&ref(tool1.jpg);|
*プログラムリスト [#wdde751c]
#basic{{
ACLS:CLEAR
Q=VAL(RIGHT$(TIME$,2))
FOR I=0 TO 1:I=0
VSYNC 1
LOCATE 4,4:?RIGHT$(TIME$,2)
R=VAL(RIGHT$(TIME$,2))
IF RーQ>=2 THEN I=1
Q=R
NEXT
LOCATE 4,4
?”フタカ゛ 2ヒ゛ョウ トシ゛ラレマシタ”
}}
#region(プログラムリスト解説)
短いプログラムですが一応~
ポイントは、~
[スリープ状態になると、プログラムは止まるが、~
DSの時計は動いている]~
ということです。~
2行目:変数Qに、起動時の秒数を代入しています。~
TIME$は、現在のDSの時計を、00:00:00という、8文字の文字変数で返すので、~
RIGHT$で、秒数部分の文字を抜き出し、VALで、数字の変数にしてます。~
以降、この秒数を変数として、条件に使っていきます。~
3行目のFORから、9行目のNEXTが、ループ部分です。~
終了条件を満たすことで、このループから抜けるようにプログラムを組んでいきます。~
6行目:変数Rに、現在の秒数を数字変換して代入してます。~
8行目は、終了条件を満たさなかった場合に、QをRの値にします。~
こうすることによって、プログラムが動いている間は、R-Qの値は、常に0か1(もしくは、-59)となります。~
7行目:終了条件です。~
蓋を2秒以上閉じておくと、変数Qと、開いた瞬間に代入される変数Rの差が大きくなるので、~
R-Q>=2を満たすことになります。~
FOR変数IにNEXTを抜ける1を代入して、その周回でループを抜けてます。~
~
なお、上記の事もあり、秒数が58,59秒の時に蓋を閉じても、このままでは成立しません。~
コナミコマンドのような裏技に仕込むなら、これぐらいの精度でもいいかもしれませんが、~
ゲーム操作に組み込むなら、対策が必要になると考えます。
#endregion
* 課題 [#hd60c639]
じつは、60秒のうち、ある2秒だけ、止まらないタイミングがあります。~
このプログラムを利用したゲームを、この下にアップしてあります。~
上記、2/60の問題も、解決してあります。~
*応用ゲーム NO KEY JUMP [#g3904f65]
**QRコード&スクリーンショット [#v719d391]
|PRG:NHPJG|||
|&ref(qr.jpg);||&ref(sc1.jpg); &ref(sc2.jpg);|
#region(プログラムリスト)
#basic{{
ACLS:CLEAR:MEM$=””:SYSBEEP=FALSE
DIM I$(3)
DIM DAY$(5),HSCORE$(5),HSCORE(5)
FOR I=0 TO 4
DAY$(I)=”−−−−/−−/−−”
HSCORE$(I)=”300”
HSCORE(I)=300
NEXT
GOSUB @LOAD 
PNLTYPE ”OFF”
SPSET 0,114,0,0,0,0
SPHOME 0,8,8
SPANGLE 0,90
@GAME
BGMPLAY 4
GOSUB @OPNING
MX=16:MY=100
SPCHR 0,114,0,0,0,0
SPANIM 0,2,30
SPOFS 0,MX,MY
FOR I=0 TO 50
BGPUT 1,RND(64),RND(64),859,3,0,0
BGPUT 1,RND(64),RND(64),891,3,0,0
NEXT
GPRIO 1
GFILL 0,0,16,200,7
GCIRCLE 200,50,30,12
GPAINT 200,50,12
GCIRCLE 210,40,30,0
GPAINT 210,40,0
P=0
Q=VAL(RIGHT$(TIME$,2))
FOR I=0 TO 1:I=0
VSYNC 1
P=(P+1)*(P!=100)
COLOR 13
LOCATE 5,20:PRINT ”╂”*20
COLOR 3
LOCATE 5,20:PRINT ”┿”*FLOOR(P/5)
COLOR 0
R=VAL(RIGHT$(TIME$,2))
IF RーQ<0 THEN R=R+60:CH=TRUE
IF RーQ>=2 THEN I=1
G=RーQ
GG=ABS(5ーG)
IF CH==TRUE THEN R=R−60:CH=FALSE
Q=R
NEXT

PO=FLOOR((PーP*GG/20)*9)
SCORE=PO
DAY$=DATE$
LOCATE 5,20:PRINT ” ”*20
SPCHR 0,121,0,0,0,0
SPANIM 0,1,0
X=10
BEEP 5
FOR I=0 TO X
VSYNC 1
MX=MX+5:PO=POー1
SPOFS 0,MX,MY
IF PO<=0 THEN I=X
NEXT I
IF PO<=0 THEN @END_LOOTIN
GFILL 0,0,16,200,0
FOR I=0 TO PO
VSYNC 1

SP=FLOOR((POーI)/100)+1
IF SP>=3 THEN SP=3
BX=(BX+SP)
BGOFS 1,BX,0
NEXT
@END_LOOTIN
BEEP 6
FOR I=0 TO 100
VSYNC 1
MX=MXー1
SPOFS 0,MX,MY
NEXT

I$=”000”+STR$(SCORE)
I$=RIGHT$(I$,3)
FOR I=0 TO 2
I$(I)=MID$(I$,I,1)
NEXT
FOR I=0 TO 2
RESTORE ”@”+I$(I)
READ A$,B$,C$
BEEP 57
LOCATE 25,5+4*I:PRINT A$
LOCATE 25,6+4*I:PRINT B$
LOCATE 25,7+4*I:PRINT C$
WAIT 15
NEXT
BEEP 57
LOCATE 25,17:PRINT ”┿┿┿┿”
LOCATE 25,18:PRINT ”  ┝┸”
LOCATE 25,19:PRINT ”  ┥┰”
LOCATE 25,20:PRINT ”┿┿┿┿”
WAIT 100
BEEP 64
GOSUB @HSCORE
CLS
GOTO @GAME

@0
DATA ”┿┿┿┿┿”
DATA ”┿   ┿”
DATA ”┿┿┿┿┿”
@1
DATA ”     ”
DATA ”     ”
DATA ”┿┿┿┿┿”
@2
DATA ”┿┿┿ ┿”
DATA ”┿ ┿ ┿”
DATA ”┿ ┿┿┿”
@3
DATA ”┿ ┿ ┿”
DATA ”┿ ┿ ┿”
DATA ”┿┿┿┿┿”
@4
DATA ”  ┿┿┿”
DATA ”  ┿  ”
DATA ”┿┿┿┿┿”
@5
DATA ”┿ ┿┿┿”
DATA ”┿ ┿ ┿”
DATA ”┿┿┿ ┿”
@6
DATA ”┿┿┿┿┿”
DATA ”┿ ┿ ┿”
DATA ”┿┿┿ ┿”
@7
DATA ”  ┿┿┿”
DATA ”    ┿”
DATA ”┿┿┿┿┿”
@8
DATA ”┿┿┿┿┿”
DATA ”┿ ┿ ┿”
DATA ”┿┿┿┿┿”
@9
DATA ”┿ ┿┿┿”
DATA ”┿ ┿ ┿”
DATA ”┿┿┿┿┿”

@OPNING
 PNLSTR 0,0,”┌───────────┐
 PNLSTR 0,1,”│NO KEY JUMP│
 PNLSTR 0,2,”└───────────┘
 PNLSTR 0,3,”1:タテニ モッテ アソヒ゛マス
 PNLSTR 0,4,”2:ハ゜ワ−メ−タ− カ゛ タマッテイル
 PNLSTR 0,5,”  トキニ DS ノ フタ ヲ トシ゛マス
 PNLSTR 0,6,”3:5ヒ゛ョウ タッタラ フタヲ アケマス
 PNLSTR 0,7,”4:シ゛ャンフ゜ シマス
 PNLSTR 0,8,”
 PNLSTR 0,9,”┌────────────┐
PNLSTR 0,10,”│タカク トフ゛ タメニハ│
PNLSTR 0,11,”└────────────┘
PNLSTR 0,12,”1:ハ゜ワ−メ−タ− カ゛ オオイ ホト゛
PNLSTR 0,13,”  タカク トヘ゛マス
PNLSTR 0,14,”2:DS ノ フタヲ トシ゛テイル シ゛カンカ゛
PNLSTR 0,15,”  5ヒ゛ョウ ニ チカイ ホト゛ タカク トヘ゛マス
PNLSTR 0,16,”  タタ゛シ 2 ヒ゛ョウ トシ゛テ オカナイト
PNLSTR 0,17,”  トヘ゛マセン
PNLSTR 0,18,”
PNLSTR 0,19,”ケ゛−ム ハ SELECT ホ゛タン テ゛
PNLSTR 0,20,”シュウリョウ シマス
RETURN

@HSCORE
CLS
FOR I=0 TO 4
IF SCORE<HSCORE(I) THEN @SKSC
SWAP SCORE,HSCORE(I)
SWAP DAY$,DAY$(I)
HSCORE$(I)=”000”+STR$(HSCORE(I))
HSCORE$(I)=RIGHT$(HSCORE$(I),3)
HSC=TRUE
@SKSC
NEXT
PNLSTR 5,1,”HI_SCORE
PNLSTR 5,5,”1ST ”+DAY$(0)+”  ”+HSCORE$(0)
PNLSTR 5,8,”2ND ”+DAY$(1)+”  ”+HSCORE$(1)
PNLSTR 5,11,”3RD ”+DAY$(2)+”  ”+HSCORE$(2)
PNLSTR 5,14,”4TH ”+DAY$(3)+”  ”+HSCORE$(3)
PNLSTR 5,17,”5TH ”+DAY$(4)+”  ”+HSCORE$(4)
WAIT 200
IF HSC==TRUE THEN GOSUB @SAVE
HSC=FALSE
RETURN

@SAVE 
MEM$=””
FOR I=0 TO 4
MEM$=MEM$+DAY$(I)+HSCORE$(I)
NEXT
SAVE ”MEM:NHPJG”
RETURN

@LOAD
LOAD ”MEM:NHPJG”,0
IF VAL(MEM$)==0 THEN RETURN
FOR I=0 TO 4
DAY$(I)=MID$(MEM$,0+13*I,10)
HSCORE$(I)=MID$(MEM$,10+13*I,3)
HSCORE(I)=VAL(HSCORE$(I))
NEXT
RETURN
}}
#endregion
#region(プログラムリスト解説)
2行目ー3行目~
配列宣言~
I$(3):ゲームスコアの表示に使います。~
DAY$(5),HSCORE$(5),HSCORE(5):ハイスコアの管理に使います。~
21行目ー24行目~
背景の星空を描いてます。~
面倒なので、位置はランダムです。~
25行目ー30行目~
地面と月を描いてます。~
月の描画は昔ながらの方法ですね。~
塗りつぶした円を二つ重ねる手法です。~
32行目~
変数Qに、初期起動時の秒数を読み込みます。~
33行目ー48行目~
メインループです。~
なお、スコアの計算も実質このループだけで成立しています。~
35行目~
変数Pを変化させています。~
0から100まで順番に足していって、100になったら、0に戻る処理です。~
この、変数Pが、スコアの基本の値になります。~
36行目ー40行目~
ゲームの胆となる変数Pを視覚化しています。~
私がよく使う、コンソールのメーターです。~
41行目~
変数Rに現在の秒数を代入します。~
変数Qと、変数Rの考え方は、上記、~
「DSの蓋を2秒閉じたら終了するプログラム」の、リスト解説へ、~
おねがいします。~
42行目、46行目~
秒数が58秒、59秒のときの対策です。~
R-Qがマイナスになるときは、Rが繰り上がりリセットされたあとなので、~
Rに60を足すことで、計算を成立させています。~
ただ、Rをこのまま、このあとの計算につかえないので、変数CHでフラグだてをおこない、~
46行目で、Rの値を戻しています。~
45行目~
変数GGの代入です。この値は、蓋を閉じている時間が5秒にどれだけ近いかを求めています。~
48行目でループを抜けると、あとはジャンプの演出プログラムになります。~
~
50行目、51行目~
スコアの計算式です。~
SCORE=(P-PxGG/20)x9~
基本値は、Pの最大値100x9で、最大900~
閉じている時間が5秒に近いほど、減点値が、0に近づくという計算にしてみました。~
つまり、理論上の最大値は、900mになっています。~
二行に分けた理由は、このあとの処理に使う変数POと、スコアを分離して調整するためでしたが、~
結局は全くのノータッチとなりました。~
56行目ー64行目~
ジャンプの1段階目~
spキャラを画面中央辺りまでジャンプさせます。~
ジャンプの距離になるPOの値があまりにも小さいと、~
ここでジャンプ処理を終わらせます。(62行目、64行目)~
65行目ー73行目~
ジャンプの2段階目~
地面の描画を削除し(65行目)~
BG画面を動かすことで、擬似的な上昇を演出しています。~
変数POの大きさで、背景の速度も変えて、高得点の期待を演出しています。(69行目)~
74行目―80行目~
ジャンプの最高点に到達したので、spキャラをフレームアウトさせます。~
82行目ー102行目~
スコア表示のルーチンです。~
スコアの百位、十位、一位それぞれを読み取って、(84ー86)~
それに対するDATA文を、文字変数に読み込み、~
それぞれの位置にWAITをかけつつ、表示させています(87ー95)~
最後にmを書き込んで、一連の演出は終了します。~
~
107行目ー146行目~
スコア表示に使う文字列です。~
7セグ表示を参考に作ってます。~
~
148行目ー170行目~
下画面、タイトルと説明書がわりを表示させるサブルーチンです。~
~
172行目ー192行目~
ハイスコアの管理と、表示を行うサブルーチンです。~
1stスコアから順に、スコア判定させて、もし、SCORE>HSCOREならば、~
SWAP命令で変数を入れ換えます。~
こうすると、当然下位のスコアもSCORE>HSCOREになるため、順に順位が繰り下がります。~
(174ー182)~
~
194行目ー200行目~
SAVE処理のサブルーチンです。~
日付とスコアを順番に記録してます。~
~
202行目ー210行目~
LOAD処理のサブルーチンです。~
204行目は、1行目のMEM$のリセットと組み合わせて、MEMデータの無い初回起動時の、~
読み込みエラーを回避しています。
#endregion
**遊び方 [#r356dd96]
パワーメーターが上下しています。~
できるだけ、高い位置で、DSの蓋を閉じてください。~
その後、5秒待って、蓋を開けると、~
大ジャンプします?~
**高得点のコツ [#def2b5e0]
蓋が閉じられてから、スリープモードになるまでに、~
多少の誤差があるようです。~
そこも考慮に入れないと、なかなか高得点はでません。~
**NO KEY JUMP NEO [#ca54890c]
1ゲームとして作り組んでみました。~
[[NO KEY JUMP NEO>http://wiki.hosiken.jp/petc/?Toukou%2FNO%20KEY%20JUMP%20NEO]]
*応用プログラム スリープ状態になっていた秒数を1/100秒まで表示するプログラム [#ed6e10d0]
**QRコード&スクリーンショット [#z25a7ce5]
|PRG:NHPTOOL2|スクリーンショット|
|&ref(tool2.jpg);|&ref(toolsc2.jpg);|
#region(プログラムリスト)
#basic{{
ACLS:CLEAR
Q=VAL(RIGHT$(TIME$,2))
FOR I=0 TO 1:I=0
VSYNC 1
R=VAL(RIGHT$(TIME$,2))
IF RーQ==1 THEN I=1
NEXT

Q=VAL(RIGHT$(TIME$,2))
CNT1=MAINCNTL
FOR I=0 TO 1:I=0
H=H+1
R=VAL(RIGHT$(TIME$,2))
IF RーQ==1 THEN I=1
NEXT
CNT2=MAINCNTL
M_FPS=CNT2ーCNT1
H=0
Q=VAL(RIGHT$(TIME$,2))
CNT1=MAINCNTL
FOR I=0 TO 1:I=0
R=VAL(RIGHT$(TIME$,2))
CNT2=MAINCNTL
IF CNT2ーCNT1==1 THEN H=(H+1)*(H!=M_FPS)
CNT1=CNT2
H2=FLOOR(H/M_FPS*100)/100
IF RーQ==1 THEN M_FPS2=HH:HH=0
IF RーQ<0 THEN R=R+60:CH=TRUE
IF RーQ>=2 THEN I=1
IF CH==TRUE THEN R=R−60:CH=FALSE
C_SEC=Q:C_H=H2:O_SEC=R
Q=R
LOCATE 4,4:PRINT R+H2
LOCATE 4,5:PRINT M_FPS
LOCATE 4,6:PRINT M_FPS2
NEXT

Q=VAL(RIGHT$(TIME$,2))
CNT1=MAINCNTL
H=0
FOR I=0 TO 1:I=0
R=VAL(RIGHT$(TIME$,2))
CNT2=MAINCNTL
IF CNT2−CNT1==1 THEN H=(H+1)*(H!=M_FPS)
CNT1=CNT2
IF RーQ==1 THEN I=1
Q=R
NEXT

O_H=FLOOR(H/M_FPS*100)/100
CLOSETIME=C_SEC+C_H
OPENTIME=O_SEC−O_H
IF OPENTIME−CLOSETIME<0 THEN OPENTIME=OPENTIME+60
SLEEPTIME=OPENTIME−CLOSETIME
IF OPENTIME<0 THEN OPENTIME=OPENTIME+60
LOCATE 4,4:PRINT ”CLOSE: ”CLOSETIME
LOCATE 4,5:PRINT ”OPEN : ”OPENTIME
LOCATE 4,6:PRINT ”SLEEP: ”SLEEPTIME
}}
#endregion
#region(プログラムリスト解説)
2-7行目~
秒数がカウントアップするまで待っています。~
9-17行目~
一秒間に、MAINCNTLが何カウントするかを求めています。~
求めた値は、変数M_FPSに代入しています。(17)~
18-36行目~
プログラムのメイン。「DSの蓋を2秒閉じたら終了するプログラム」の部分です。~
1/100秒の部分は、MAINCNTLのカウント数を百分率換算しています。(26)~
また、このループで、蓋が閉じられた時の秒数:C_SEC。蓋が閉じられた時の1/100秒数:C_H。蓋が開いたときの秒数:0_SEC。を求めています。(31)~
38-48行目~
蓋が空いてから、秒数がカウントアップするまでの、MAINCNTLカウント数を数えています。~
50行目~
カウント数を、1/100秒数に換算して、変数O_Hに代入しています。~
~
以下、閉めたときの時間を、C_SEC+C_H。開けたときの時間を、O_SEC-O_H。~
スリープしていた時間を、その差から求めています。
#endregion
**遊び方 [#l934f3c1]
プログラムを起動させたら、しばらくするとカウントが始まります。~
蓋を閉じて、2秒以上まって、蓋をあけると、~
閉じたときの秒数、開けたときの秒数、スリープ状態だった時間が表示されます。~
注意)タイム表示後にウエイト系の処理を入れ忘れています。~
できたら、プログラムモードから、NHPTOOL2をロード&ランしてください。~
**課題 [#qc681a00]
今回も秒数しか処理に使っていないので、1分以上の値はループになってしまいます。~
1/100秒カウントは、MAINCNTLから出しているので、プチコンを2時間ほど起動しっぱなしにしておくと、つかえません。~
蓋の開け閉め判断は、やっぱり2秒は必要です。
* CHECKER FLAG (ひとことコメント) [#f6e7a37d]
この作品に対するコメントがあれば一言どうぞ。(作品に直接関係ない質問や雑談は[[掲示板>Board]]へ)
- ''.EXE'' : 凄い (&new{2013/06/11 (火) 07:00:04};)
- ''キービィ'' : いいアイデアだコレ (&new{2013/06/11 (火) 07:18:11};)
- ''ヤッフー'' : うわ、目から鱗だ (&new{2013/06/11 (火) 16:21:04};)
- ''Shiftキー'' : OSもどきで蓋を閉じて自動ロックにいいかも (&new{2013/06/11 (火) 19:21:22};)
- ''シトリン'' : それいいかも>Shiftキー (&new{2013/06/11 (火) 20:59:59};)
- ''猫姫'' : 分や、時も秒に直してプログラムを組むと、もっと精度があがります。今回は何分も閉じておくことは想定していないので、秒数しか使っていません。 (&new{2013/06/12 (水) 01:30:24};)
- ''名無しさん'' : 1フレーム単位で閉じた時間を調べることは可能? (&new{2013/06/12 (水) 05:26:39};)
- ''名無しさん'' : ↑ できるよ (&new{2013/06/12 (水) 12:25:32};)
- ''名無しさん'' : でも1秒未満は無理そう (&new{2013/06/12 (水) 15:27:47};)
- ''Shiftキー'' : ストップウオッチ使ってチートしたのに100mもいかねぇ (&new{2013/06/12 (水) 17:13:17};)
- ''Shiftキー'' : 100mは超えたけどランキングには入らん (&new{2013/06/12 (水) 17:15:30};)
- ''.EXE'' : 使わせてもらってもよろしいですか? (&new{2013/06/12 (水) 17:33:52};)
- ''がんばる卓球部'' : 上に同じく、(開発中のBASICOS FINALに)使わせてもらってもよろしいでしょうか。 (&new{2013/06/12 (水) 19:05:48};)
- ''名無しさん'' : これは前から (&new{2013/06/12 (水) 19:38:43};)
- ''名無しさん'' : ある技術っちゃ技術だな (&new{2013/06/12 (水) 19:38:55};)
- ''名無しさん'' : ↑7 できるよ (&new{2013/06/12 (水) 19:40:33};)
- ''名無しさん'' : ↑どのように? (&new{2013/06/12 (水) 19:54:38};)
- ''猫姫'' : まあ、上述のとおり、私も「できる」ということが確定している状態での開発ですから(←再現が適当かな?)。 (&new{2013/06/12 (水) 20:07:47};)
- ''猫姫'' : 1フレーム単位の取得<できるというか、このプログラム自体、1フレーム毎に実際取得しています。ただ、質問者さんの意図は違うっぽいですね。1/100秒みたいな意味なら、出来ない(思い付いてない)です。チャレンジはしたんですけどね。 (&new{2013/06/12 (水) 20:13:51};)
- ''猫姫'' : Shiftキーさん>100メートルくらいということは、そもそも、閉じるときのメーターがオーバーランしています。閉じてからスリープになるまでのラグがあるので、まずは、早すぎるくらいに閉じてみてください。<このゲームの入力方法としては、向いてないともいう。 (&new{2013/06/12 (水) 20:21:27};)
- ''猫姫'' : いろいろ考えているのですが、レギュレーションが。スリープ状態で、MAINCTLも止まっているようなので、閉じていることを処理にどうしてもくみこめません。 (&new{2013/06/12 (水) 20:45:55};)
- ''猫姫'' : もし、DSが1/100秒までカウントしていて、それを取得する裏コードがプチコンにあれば、もっと細かくできます。 (&new{2013/06/12 (水) 20:48:52};)
- ''猫姫'' : あ、利用はどうぞご自由に。プチコンテクニックみたいなものですし。 (&new{2013/06/12 (水) 20:52:01};)
- ''名無しさん'' : そうなんですかTIMEだから1秒未満閉じても取得できないと思っていました (&new{2013/06/12 (水) 21:06:23};)
- ''猫姫'' : 1フレーム単位の閉じた時間<あ、閉じた時間だけなら出来ます。1秒間のフレーム数を計算式でだしておいて、上記プログラムリストの変数Rを取得したときのフレーム数を取得すればいいです。ということは、開いたときもいけますね。開いてから、時間が1秒上がるまでのフレーム数をだして、引けばいいわけです。開いた瞬間の処理とはいきませんが。 (&new{2013/06/12 (水) 21:09:24};)
- ''猫姫'' : ↑と、いうことで、[[試作を上げておきます。>#ed6e10d0]](&new{2013/06/13 (木) 00:42:39};)
- ''名無しさん'' : stop&cont (&new{2013/06/14 (金) 09:06:06};)
- ''名無しさん'' : を使ったら楽勝♪ (&new{2013/06/14 (金) 09:06:36};)
- ''Shiftキー'' : 900mとかチートしただろ (&new{2013/06/14 (金) 20:03:28};)
- ''猫姫'' : ジャンプゲーム<今上がってるのは、閉じるタイミングで8割はスコアが決まるので、簡単とはいいませんが、最高点でますよ。その下の、1/100秒取得と組み合わせると、最高点は無理ゲーになるかも…<おもしろくなるかな?? (&new{2013/06/15 (土) 00:12:36};)
- ''.EXE'' : 上手くOSもどきに組み込めた。 (&new{2013/06/17 (月) 23:35:59};)
- ''Shiftキー'' : OSもどきの自動ロックできた (&new{2013/06/28 (金) 19:32:54};)
- ''名無しさん'' : この作品に対するコメントがあれば一言どうぞ。(作品に直接関係ない質問や雑談は掲示板へ) (&new{2013/06/28 (金) 20:14:16};)
- ''名無しさん'' : この作品を組み込んだんだと思うから (&new{2013/06/28 (金) 20:19:42};)
- ''名無しさん'' : 十分関係あると思うけど (&new{2013/06/28 (金) 20:19:55};)
- ''Shiftキー'' : ↑そうだよ (&new{2013/06/28 (金) 20:21:02};)
- ''.EXE'' : ↑↑そうだよ (&new{2013/06/28 (金) 20:43:12};)
- ''猫姫'' : 自動ロック<役に立って何よりです。一方UP主は、ゲームに組み込むことばかり考えてます。閉じる→スリープまでのタイムラグが。やはりネックです。行き着く先は、占いゲームか、「挑戦状」の2pマイク(笑 (&new{2013/06/28 (金) 22:09:20};)
- ''がんばる卓球部'' : 僕もFTLOCKと組み合わせて使わせてもらいました。ありがとうございます。 (&new{2013/06/28 (金) 23:19:44};)
- ''名無しさん'' : .EXEさんや、Shiftキーさん、がんばる卓球部さんと言ってることがかぶりますけど、僕もOSもどき作ってるので、使わせていただきます。 (&new{2013/07/06 (土) 08:13:15};)
- ''ヤッフー'' : ↑と同じくw (&new{2013/07/11 (木) 15:54:46};)
- ''( ^ω^ )'' : 794m行けた (&new{2013/09/01 (日) 12:24:04};)
- ''名無しさん'' : 2秒問題解決バージョンのサブルーチン欲しい (&new{2013/09/02 (月) 16:28:49};)
- ''名無しさん'' : ↑同じく (&new{2013/09/16 (月) 21:02:27};)
- ''今は名無し'' : QRコードをDLしました (&new{2013/11/09 (土) 18:57:04};)

#comment

表示モード : [ スマホ・3DS対応表示 | クラシック表示 ]
PukiWiki 1.4.7 Copyright © 2001-2006 PukiWiki Developers Team. License is GPL. Based on "PukiWiki" 1.3 by yu-ji
ページの処理時間 : 0.007 秒 | ログイン
Copyright(C) 2011-2014 プチコンまとめWiki ◆1sxkymI8ji30