プチコンまとめWiki (初代/mkII)

Toukou/4行パッケージパラメータ計算機 の変更点


#title(投稿プログラム:4行パッケージパラメータ計算機)
#contents
2012年12月2日投稿
/ 投稿者:天郷思音(わぁぃ@)
/ &tag(投稿プログラム,実用ツール,パッケージパラメータ文字列,数行プログラム,QRコード,mkII専用);~
/ &tag(投稿プログラム,実用ツール,パッケージパラメータ,数行プログラム,QRコード,mkII専用);~

*概要 [#se642dac]
パッケージパラメータ文字列を生成するプログラムです。

*使い方 [#h01a9435]
「&basic{リソ−スハ?};」と聞いてくるので、リソース名を&color(#e00){1回につき1つ};ずつ入れてください。(1回に複数入れたり無効な文字列を打つと、誤作動するか認識されません。)~
保存したいリソース名をすべて打ったら、ブレークして終了です。~
ファンクションキー1にパッケージパラメータ文字列が格納されています。

*注意 [#yb7de175]
フォントのリソース名が説明書と異なっています。(説明書では「&basic{BGUFU,BGUFL};」となっていますが、本製品では「&basic{BGF0U,BGF0L};」としています。これは、フォントを&basic{LOAD};するときのリソース名と同じです。)~

*動作の解説 [#n18a9885]
+&BASIC{CLEAR};で変数を初期化する。
+&BASIC{A$(0)=};〜&BASIC{A$(2)=};でリソース名を定義する。
+&basic{FOR J=0 TO 1};で無限ループを始める。(&basic{@L};の代用。&basic{GOTO @L};の部分はあとて出てくる。)
+&basic{INPUT R$};で入力を求める。
+&basic{FOR I=0 TO 2};でループを始める。(配列変数を使っている関係。)
+&basic{F=INSTR(A$,R$)};でユーザーが入力した文字列の位置を調べる。
+&basic{A(I)=A(I)+POW(2,F/5)*(F>=0)};で位置からそのリソース名に対応する数値を計算し、加算する。
+&basic{NEXT};でループを終える。
+&basic{KEY 2,HEX$(A(2))+HEX$(A(1),4)+HEX$(A(0),4)};で上の計算でできた数値を16進数に変換しパッケージパラメータ文字列ができる。それをファンクションキーに登録する。
+&basic{J=0:NEXT};で無限ループを終える。(&basic{GOTO @L};の代用。Jを0にすることでループから抜けないようにしている。)

*QRコード [#sadc6c7b]
プチコンmkII向けのQRコードです。

|~&basic{PRG:PACKAGE4};|
|&ref(PRG_PACKAGE4_QR0.png,,200%);|
補正がかかって読み込めない場合は、画像をクリックすると等倍サイズのQRコードがご覧になれますのでぜひご利用ください。

*プログラムリスト [#h352bc46]
#basic{{
CLEAR:A$(0)=”SPU0USPU1USPU2USPU3USPU4USPU5USPU6USPU7UBGU0UBGU1UBGU2UBGU3UBGF0UCOL0UCOL1UCOL2U”:ACLS<COLOR>(#00baff){Л}
A$(1)=”SCU0USCU1UGRP0 GRP1 GRP2 GRP3 MEM”+” ”*22+”BGU0LBGU1LBGU2LBGU3LBGF0L”:B$=”COL0LCOL1LCOL2L”<COLOR>(#00baff){Л}
A$(2)=B$+”SCU0LSCU1L”FOR J=0TO 1INPUT R$FOR I=0TO 2F=INSTR(A$(I),R$)A(I)=A(I)+POW(2,F/5)*(F>=0)NEXT<COLOR>(#00baff){Л}
KEY 2,HEX$(A(2))+HEX$(A(1),4)+HEX$(A(0),4):J=0:NEXT<COLOR>(#00baff){Л}
}}

*CHECKER FLAG (ひとことコメント) [#ib244b08]
この作品に対するコメントがあれば一言どうぞ。(その他の雑談は[[掲示板>Board]]とか[[OFコーナー>OverFlow]]とか[[チャットルーム>Chat]]がおすすめですわ。)~
- ''名無しさん'' : キーボードの色を変えるときはどう入力しますか (&new{2012/12/02 (日) 19:24:55};)
- ''天郷思音'' : 下画面のBGのCOLはCOL0L、下画面のSPのCOLはCOL1Lです。なお、キーそのものはSPだったと思います。 (&new{2012/12/02 (日) 19:52:05};)
- ''名無しさん'' : ありがとうございます。 (&new{2012/12/02 (日) 22:36:35};)
- ''天郷思音'' : たった今、4行に短縮できた。 (&new{2012/12/04 (火) 17:38:30};)
- ''パッケージってなんや?さん'' : CLEAR:A$(0)="SPU0U...リストの意味が分からない。 (&new{2012/12/05 (水) 16:55:21};)
-- ''天郷思音'' : 5文字ごとに1つリソース名が定義されており、ユーザーが入力した文字列がある位置を探すことで、リソースの種類を求めることができます。 (&new{2012/12/05 (水) 17:06:27};)
- ''名無しさん'' : 3行目 J=0 TO 1 とINPUTの間コロンいらないの? (&new{2012/12/05 (水) 16:57:31};)
-- ''天郷思音'' : エラーは出ず、正しく動きます。&BASIC{STEP ~};をあまり使うことがないので、それを考慮した仕様になったのだと思います。 (&new{2012/12/05 (水) 17:02:18};)
- ''.EXE'' : 凄すぎ :-) (&new{2012/12/05 (水) 21:24:24};)
- ''名無しさん'' : ↑Me too (&new{2012/12/05 (水) 23:57:12};)
-- ''天郷思音'' : どうもです。INSTR、POW、HEX$の桁揃え、文字列の掛け算とmkIIで追加された命令をふんだんに使っています。mkIIじゃなきゃこのレベルにできません。(もっとも、mkIIじゃないとパッケージを求める必要ないのだけど。) (&new{2012/12/06 (木) 16:33:37};)

#comment

表示モード : [ スマホ・3DS対応表示 | クラシック表示 ]
PukiWiki 1.4.7 Copyright © 2001-2006 PukiWiki Developers Team. License is GPL. Based on "PukiWiki" 1.3 by yu-ji
ページの処理時間 : 0.014 秒 | ログイン
Copyright(C) 2011-2014 プチコンまとめWiki ◆1sxkymI8ji30