プチコンまとめWiki (初代/mkII)

Toukou/ローマ字の休日 の変更点

パンくずリスト


#title(投稿プログラム : ローマ字の休日(ローマ字変換ライブラリ))
#title(投稿プログラム : ローマ字の休日 (ローマ字変換ライブラリ))
#contents
// ↑この2行は削除しないでください。
// ←このように「//」で始まる行はコメントです。ページ本文には反映されません。
//------------------------------------------------------------------------------
// ・投稿年月日は、このページを投稿しようとしている今日の日付を半角数字で入力してください。
//   この日付は、投稿プログラムを自動的に年月日順に並べる際に使用されます。
// ↓↓↓
2012年7月14日投稿
// ↑↑↑
//------------------------------------------------------------------------------
// ・投稿者名は、将来的に投稿プログラム一覧に表示するために使用します。
// ・「名無しさん」のままにしておくと、匿名の方からの投稿として扱われます。
// ↓↓↓
/ 投稿者 : AmakoSoft
// ↑↑↑
//------------------------------------------------------------------------------
// ・適当にタグをつけることができます。半角のコンマ区切りで複数つけられます。
//   タグをつけると、同じタグが付いたページを検索することができます。
// ★次に該当するプログラムは、特定のタグを設定するようご協力お願いします。
//   これらを設定すると、将来的に投稿プログラム一覧に目立つマークが付くようになる予定です。
// ・短いプログラム → 「1行プログラム」「数行プログラム」「1画面プログラム」タグのいずれか1つ
// ・初代プチコンでも動作するプログラム → 「初代対応」タグ
// ・mkII 以降専用のプログラム → 「mkII専用」タグ
// ・QRコードを掲載している → 「QRコード」タグ
// ・該当するなら「ゲーム」「実用ツール」「音楽」タグのいずれか
// ↓↓↓
/ &tag(投稿プログラム,実用ツール,QRコード,mkII専用);
// ↑↑↑

//------------------------------------------------------------------------------
// ここに概要とか書きます。
// ・** や *** で始まる行は子見出しとなります。* の数で深さが決まります。
// ・[#英数字] はページ内リンクに使用されるアンカーですが、
//   書かなかったり、消したりしてもかまいません。ない場合はランダムな文字列が自動付与されます。

* 概要 [#f87120cc]
ローマ字変換をするライブラリのようなものです

*使い方 [#t1228219]
「PRG:ROMA4」を使いたいプログラムにAPPENDする~
~1:プログラムの最初に「@R_INIT」をよびだす~
2:AGU$にローマ字の入った文字列を入れる~
3:「@ROMA」をよびだす~
4:RTN$に変換されたひらがな文字列が入っている~
**カタカナ入力をしたい時 [#ec3006e6]
 1:AGU$にひらがな文字列を入れる~
 2:「@H_K」をよびだす~
 3:RTN$にカタカナ文字列が入っている~
**構成 [#w72ba0f2]
 @R_INIT:データの定義、初期化をする。~
      プログラムの最初に呼び出す。~
 @ROMA :ローマ字文字列をひらがな文字列に変換する。~
 @H_K   :ひらがな文字列をカタカナ文字列に変換する。~
**変換速度 [#m16df23b]
 @ROMA:0.03〜2.12フレーム~
 @H_K :0.02フレーム~
*AmakoSoftとは [#y6cca048]
 AmakoSoftとは、プチコンやWindows用ソフトを作る組織のことです。~
 [[ホームページ:http://amakosoft.web.fc2.com/index.html]]
 [[暗号くん:http://wiki.hosiken.jp/petc/?Toukou%2F%B0%C5%B9%E6%A4%AF%A4%F3]]
/////////////////////////////////


// #ref(添付ファイル名)

//#ref(CIMG1328.JPG)
//#ref(CIMG1325.JPG)

// 以下の書式で、YouTube やニコニコ動画を貼り付けられます。
// #youtube(0HWX7kovgY8)
// #nicovideo(sm13684820)

/////////////////////////////////
// QR コードがない場合は、この部分は削除してください

* QR コード [#q9c233bf]
プチコンmkII 向けの QR コードです。~
美咲ひらがなフォントがついてきます。~
&ref(qr6.png,,200%);(1/6) &ref(qr7.png,,200%);(2/6) &ref(qr8.png,,200%);(3/6)~
&ref(qr9.png,,200%);(4/6) &ref(qr10.png,,200%);(5/6) &ref(qr11.png,,200%);(6/6)

// 【重要】旧プチコンから mkII に転送したプログラムは、mkII で保存しなおしてから
// QR コード化すると、枚数が半分ぐらいに減ります。ぜひお試し下さい。
// 【重要】添付できるのは画像ファイルのみです。zip ファイルは解凍してください。

// ページを作成すると、QR コードの添付ができるようになります。(作成する前はできません)
// 作成後のページの右上、ウィキメニューにある「添付」から画像をアップロードできます。
// (添付ファイルはページごとに別個に管理されています。必ず作成後のページに添付してください)
// QR コードをアップロードしたら、以下の書式でページ内に貼り付けられます。
// #ref(アップロードしたファイル名)

// QR コードを大きくしたい場合は、倍率指定ができます。コンマは必ず 2 つ指定してください。
// ブラウザによっては補完がかかってボケますが、それでも問題なく読み込み可能です。
// #ref(アップロードしたファイル名,,200%)
// 複数の QR コードを貼り付けるために表組みを用いる場合、&ref(); を使用します。
// (#ref() を表に埋め込んでしまうと、古い Internet Explorer でうまく表示されません)
// |>|>|~PRG:FILENAME|
// |~1/3|~2/3|~3/3|
// |&ref(qr0.png,,200%);|&ref(qr1.png,,200%);|&ref(qr2.png,,200%);|

/////////////////////////////////
*プログラムリスト [#q966b4d5]
#basic{{
 ’/////////////////////
’/ロ―マシ゛ノキュウシ゛ツ Ver3.0/
’/////////////////////
’コノフ゜ロク゛ラムハMISAKIヒラカ゛ナフォントヲシヨウシテイマス
’コウセイ
’ショキカ       :@R_INIT
’ロ−マシ゛→ヒラカ゛ナ:@ROMA
’ヒラカ゛ナ→カタカナ :@H_K
’ツカイカタ
’1:フ゜ロク゛ラムサイショニ@R_INITヲヨヒ゛タ゛ス
’2:ロ−マシ゛→ヒラカ゛ナノハ゛アイ
’   AGU$ニロ−マシ゛ヲイレテ、@ROMAヲヨヒ゛タ゛ス
’   スルトRTN$ニヒラカ゛ナカ゛カエッテクル
’  ヒラカ゛ナ→カタカナノハ゛アイ
’   AGU$ニヒラカ゛ナヲイレテ、@H_Kヲヨヒ゛タ゛ス
’   スルトRTN$ニカタカナカ゛カエッテクル
’サンフ゜ル
CLEAR:CLS
GOSUB@R_INIT
?”Э▽フ゜ロク゛ラムЮmisakiフォント┸├ЩЯ├┘бУ┼。
?”ロ−マ├Ц┸б┝┘┐╂Ц─б
LINPUT AGU$GOSUB@ROMA
?RTN$
AGU$=RTN$GOSUB@H_K
TALK RTN$
@B
IF BTRIG()==0GOTO@B
CLS
END

@R_INIT
DIM R_D$(9,4),R_K$(9,4)
FOR X=0TO 7
FOR Y=0TO 3R_D$(X,Y)=”
R_K$(X,Y)=”
NEXT
NEXT
R_D$(0,0)=”AIUEO[].,
R_K$(0,0)=”абЯвВ「」。、
RESTORE@R_DATA
FOR X=1TO 8
FOR Y=0TO 3READ R_D$(X,Y)
NEXT
FOR Y=0TO 3READ R_K$(X,Y)
NEXT
NEXT
HDAT$=”абЯвВ┌┬┐ЫЭ─├┼┤С╂└┴┘к○◎□△▽ЮЬМНДУТгеёлм┿┝┰дЪЩЙЦЧ┸┥ж↑и↓
KDAT$=”アイウエオカキクケコサシスセソタチツテトナニヌネノハヒフヘホマミムメモラリルレロヤユヨン゛゜ヲワャュョッ
RETURN
@R_DATA
DATA KKKKKSSSSSTTTTTNNNNNHHHHHMMMMMYYYRRRRRWWLLLLLXXXXXFCCCCC
DATA AIUEOAIUEOAIUEOAIUEOAIUEOAIUEOAUOAIUEOAOAIUEOAIUEOUAIUEO,,
DATA┌┬┐ЫЭ─├┼┤С╂└┴┘к○◎□△▽ЮЬМНДУТгеёдЪЩлм┿┝┰┥┸■▲▼ОЖ■▲▼ОЖМ┌├┐┤Э,,,,GGGGGZZZZZDDDDDBBBBBPPPPPVJFFFF
DATA AIUEOAIUEOAIUEOAIUEOAIUEOUIAIEO,,,┌┬┐ЫЭ─├┼┤С╂└┴┘кЮЬМНДЮЬМНДЯ├ММММ
DATAЦЦЦЦЦЦЦЦЦЦЦЦЦЦЦЦЦЦЦЦЧЧЧЧЧЦЦ■▲ОЖ,,,JJJJVVVV,AUEOAIEO,,,├├├├ЯЯЯЯ,ЦЦЦЦЦЦЦЦ,ж↑Ои■▲ОЖ,
DATA KSTNHMYRWGZDBP,KSTNHMYRWGZDBP,,,↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓,,,,SCLXT,HHTTS,IIUUU,,├└↓↓┴,,,
DATA SSSSCCCCKKKSSSTTTNNNHHHMMMRRR,HHHHHHHHYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYY,AUEOAUEOAUOAUOAUOAUOAUOAUOAUO,
DATA├├├├└└└└┬┬┬├├├└└└◎◎◎ЬЬЬТТТммм,ж↑Оиж↑Оиж↑иж↑иж↑иж↑иж↑иж↑иж↑и,,,GGGZZZDDDBBBPPP,YYYYYYYYYYYYYYY
DATA AUOAUOAUOAUOAUO,,┬┬┬├├├└└└ЬЬЬЬЬЬ,ЦЦЦЦЦЦЦЦЦЦЦЦЧЧЧ,ж↑иж↑иж↑иж↑иж↑и,,LX,TT,SS,UU,↓↓,,,
@ROMA
RA$=AGU$R$=”
FOR R=0TO LEN(RA$)−1S$=MID$(RA$,R,1)S=INSTR(R_D$(0,0),S$)IF S$==”N”THEN GOSUB@NN
IF ASE==1GOTO@REND
IF S==−1GOTO@NOT1 ELSE R$=R$+MID$(R_K$(0,0),S,1)
GOTO@REND
@NOT1
S$=MID$(RA$,R,2)
FOR R2=0TO LEN(R_D$(1,0))−1RW$=MID$(R_D$(1,0),R2,1)+MID$(R_D$(1,1),R2,1)IF S$!=RW$GOTO@RLE
IF R+1>=LEN(RA$)GOTO@RLE
R$=R$+MID$(R_K$(1,0),R2,1)+MID$(R_K$(1,1),R2,1)R=R+1R2=999
@RLE
NEXT
IF R2>998GOTO@REND
FOR R2=0TO LEN(R_D$(2,0))−1RW$=MID$(R_D$(2,0),R2,1)+MID$(R_D$(2,1),R2,1)IF S$!=RW$GOTO@RLE2
R$=R$+MID$(R_K$(2,0),R2,1)+MID$(R_K$(2,1),R2,1)R=R+1R2=999
@RLE2
NEXT
IF R2>998GOTO@REND
FOR R2=0TO LEN(R_D$(3,0))−1RW$=MID$(R_D$(3,0),R2,1)+MID$(R_D$(3,1),R2,1)IF S$!=RW$GOTO@RLE3
R$=R$+MID$(R_K$(3,0),R2,1)+MID$(R_K$(3,1),R2,1)+MID$(R_K$(3,2),R2,1)R=R+1R2=999
@RLE3
NEXT
IF R2>998GOTO@REND
FOR R2=0TO LEN(R_D$(4,0))−1RW$=MID$(R_D$(4,0),R2,1)+MID$(R_D$(4,1),R2,1)IF S$!=RW$GOTO@RLE4
R$=R$+MID$(R_K$(4,0),R2,1)+MID$(R_K$(4,1),R2,1)R2=999
@RLE4
NEXT
IF R2>998GOTO@REND
S$=MID$(RA$,R,3)
FOR R2=0TO LEN(R_D$(5,0))−1RW$=MID$(R_D$(5,0),R2,1)+MID$(R_D$(5,1),R2,1)+MID$(R_D$(5,2),R2,1)
IF R+2>=LEN(RA$)GOTO@RLE5
IF S$!=RW$GOTO@RLE5
R$=R$+MID$(R_K$(5,0),R2,1)R=R+2R2=999
@RLE5
NEXT
IF R2>998GOTO@REND
S$=MID$(RA$,R,3)
FOR R2=0TO LEN(R_D$(6,0))−1RW$=MID$(R_D$(6,0),R2,1)+MID$(R_D$(6,1),R2,1)+MID$(R_D$(6,2),R2,1)
IF R+2>=LEN(RA$)GOTO@RLE6
IF S$!=RW$GOTO@RLE6
R$=R$+MID$(R_K$(6,0),R2,1)+MID$(R_K$(6,1),R2,1)R=R+2R2=999
@RLE6
NEXT
IF R2>998GOTO@REND
S$=MID$(RA$,R,3)
FOR R2=0TO LEN(R_D$(7,0))−1RW$=MID$(R_D$(7,0),R2,1)+MID$(R_D$(7,1),R2,1)+MID$(R_D$(7,2),R2,1)
IF R+2>=LEN(RA$)GOTO@RLE7
IF S$!=RW$GOTO@RLE7
R$=R$+MID$(R_K$(7,0),R2,1)+MID$(R_K$(7,1),R2,1)+MID$(R_K$(7,2),R2,1)R=R+2R2=999
@RLE7
NEXT
IF R2>998GOTO@REND
S$=MID$(RA$,R,4)
FOR R2=0TO LEN(R_D$(8,0))−1
IF R+3>=LEN(RA$)GOTO@RLE8
RW$=MID$(R_D$(8,0),R2,1)+MID$(R_D$(8,1),R2,1)+MID$(R_D$(8,2),R2,1)+MID$(R_D$(8,3),R2,1)
IF S$!=RW$GOTO@RLE8
R$=R$+MID$(R_K$(8,0),R2,1)R=R+3R2=999
@RLE8
NEXT
IF R2>998GOTO@REND
R$=R$+MID$(RA$,R,1)
@REND
ASE=0
NEXT
RTN$=R$RETURN
@NN
IF R+1>=LEN(RA$)THEN RETURN
RX$=MID$(RA$,R+1,1)IF RX$==”A”OR RX$==”I”THEN RETURN
IF RX$==”U”OR RX$==”E”THEN RETURN
IF RX$==”O”THEN RETURN
IF RX$==”N”THEN R=R+1
ASE=1R$=R$+”Й
RETURN
@H_K
RTN$=”
FOR R=0TO LEN(AGU$)−1RF=1S=INSTR(HDAT$,MID$(AGU$,R,1))IF S==−1THEN RF=0
IF RF THEN RTN$=RTN$+MID$(KDAT$,S,1)ELSE RTN$=RTN$+MID$(AGU$,R,1)
NEXT
RETURN


}}


/////////////////////////////////
// コメントを募集したくないなら、ここから下は削除してください

* CHECKER FLAG (ひとことコメント) [#db919cca]
この作品に対するコメントがあれば一言どうぞ。(作品に直接関係ない質問や雑談は[[掲示板>Board]]へ)
- ''名無しさん'' : オーシャンゼリーゼー (&new{2012/07/14 (土) 23:36:17};)
- ''投稿者'' : オーシャンゼリーゼーはローマじゃないフランスだ (&new{2012/07/26 (木) 10:22:05};)
- ''名無しさん'' : パッケージで美咲フォントを組み込んでいるのか・・・どおりでAPPENDしてもうまく動かない。ライブラリなんだから、ローマ字とカタカナの変換ルーチンだけのほうがいいと思う (&new{2012/09/08 (土) 19:15:17};)
- ''投稿者'' : PCフォントっていう改造フォントを使っているので (&new{2012/09/08 (土) 20:43:58};)
- ''名無しさん'' : おーしゃんねいぃぜぇ (&new{2012/09/08 (土) 22:02:42};)
- ''名無しさん'' : 休日いらないだろks (&new{2012/09/08 (土) 22:03:05};)
- ''名無しさん'' : 祝日 (&new{2012/09/08 (土) 22:18:26};)
- ''名無しさん'' : 大鳥居さんをdisるなよ (&new{2012/09/08 (土) 22:30:07};)
- ''名無しさん'' : これを使う人はローマ字変換機能が欲しい(自分のプログラムに組み込みたい)だけであって、フォントは自由に好きなものを使いたいのでは。 (&new{2012/09/08 (土) 23:27:08};)
- ''名無しさん'' : ひらがなのコードはフォントに依存するから、セットになるのはやむを得ないのでは。 (&new{2012/09/23 (日) 09:12:34};)
- ''名無しさん'' : だから、ひらがながいらないんですよ。標準のカタカナで十分。 (&new{2012/09/23 (日) 11:01:41};)
- ''わぁぃ*'' : 確かにカタカナだけでいいって場面もよくありますね。オプションとしてならいいけど、最初からひらがな使用を前提にするのはまずいな。 (&new{2012/09/23 (日) 11:41:08};)
- ''名無しさん'' : 美咲フォントの他にも、コード位置が違うひらがなフォントがいくつか発表されていてカバーしきれないので、オプションでも要らないですね。ローマ字変換に特化してくれるのが一番よい。 (&new{2012/09/23 (日) 12:32:27};)
- ''@ななし'' : この調子で漢字変換ソフトウェア作ってほしい (&new{2013/03/02 (土) 12:42:08};)
- ''いったん'' : ↑IME作るとか面倒すぎるでしょ・・・データ文めちゃくちゃ多くなりそう。 (&new{2013/03/02 (土) 14:26:56};)
- ''名無しさん'' : まともな物作ろうとしたらデータ文だと死ぬのでCHRやGRPだろうけど (&new{2013/03/02 (土) 14:32:01};)
//- ''@ななし'' : 漢字変換にするなら辞書はGRPなどに入れなきゃいけない。あとこのままだとTextShowに負けちゃうぜ。がんばれよ! (&new{2013/03/07 (木) 12:58:52};)
- ''@ななし'' : 漢字変換にするなら辞書はGRPなどに入れなきゃいけない。 (&new{2013/03/07 (木) 12:58:52};)
//- ''名無しさん'' : なぜここでTextShow? (&new{2013/03/07 (木) 21:22:31};)
//- ''Topaz Soft.'' : TextShowはローマ字変換じゃないぞーリッチテキストのつもりでーす (&new{2013/03/08 (金) 15:29:28};)
//- ''@ななし'' : 関係ないこと言ってすまん。あと、カタカナだけほしいっす (&new{2013/03/21 (木) 10:15:56};)
- ''天郷思音'' : AmakoSoftは単独でも役に立つものを無理やりセットにして配布してるから評価されないのよね。 (&new{2013/03/21 (木) 15:14:52};)
- ''@ななし'' : とりあえず製作者に問い合わせてみる。もしかしたら美咲フォント不必要版あるかも (&new{2013/04/21 (日) 09:53:23};)

#comment

表示モード : [ スマホ・3DS対応表示 | クラシック表示 ]
PukiWiki 1.4.7 Copyright © 2001-2006 PukiWiki Developers Team. License is GPL. Based on "PukiWiki" 1.3 by yu-ji
ページの処理時間 : 0.005 秒 | ログイン
Copyright(C) 2011-2014 プチコンまとめWiki ◆1sxkymI8ji30