プチコンまとめWiki (初代/mkII)

Toukou/プチコンガチャ の変更点

パンくずリスト


#title(投稿プログラム : プチコンガチャ)
#contents
// ↑この2行は削除しないでください。
// ←このように「//」で始まる行はコメントです。ページ本文には反映されません。
//------------------------------------------------------------------------------
// ・投稿年月日は、このページを投稿しようとしている今日の日付を半角数字で入力してください。
//   この日付は、投稿プログラムを自動的に年月日順に並べる際に使用されます。
// ↓↓↓
2012年06月06日投稿
// ↑↑↑
//------------------------------------------------------------------------------
// ・投稿者名は、将来的に投稿プログラム一覧に表示するために使用します。
// ・「名無しさん」のままにしておくと、匿名の方からの投稿として扱われます。
// ↓↓↓
/ 投稿者 : うらゝ
// ↑↑↑
//------------------------------------------------------------------------------
// ・適当にタグをつけることができます。半角のコンマ区切りで複数つけられます。
//   タグをつけると、同じタグが付いたページを検索することができます。
// ★次に該当するプログラムは、特定のタグを設定するようご協力お願いします。
//   これらを設定すると、将来的に投稿プログラム一覧に目立つマークが付くようになる予定です。
// ・短いプログラム → 「1行プログラム」「数行プログラム」「1画面プログラム」タグのいずれか1つ
// ・初代プチコンでも動作するプログラム → 「初代対応」タグ
// ・mkII 以降専用のプログラム → 「mkII専用」タグ
// ・QRコードを掲載している → 「QRコード」タグ
// ・該当するなら「ゲーム」「実用ツール」「音楽」タグのいずれか
// ↓↓↓
/ &tag(投稿プログラム,ゲーム,ガチャ,QRコード,mkII専用);
// ↑↑↑

//------------------------------------------------------------------------------
// ここに概要とか書きます。
// ・** や *** で始まる行は子見出しとなります。* の数で深さが決まります。
// ・[#英数字] はページ内リンクに使用されるアンカーですが、
//   書かなかったり、消したりしてもかまいません。ない場合はランダムな文字列が自動付与されます。

* 概要 [#Summary]
スプライトキャラクターを使ってガチャを作ってみました。

背景とカプセルベンダーはBGキャラを組み合わせて、プライズはスプライトキャラを使っています。

どちらも特別に描いたりはせず標準のキャラを使用しています。

** 遊び方 [#Komidashi1]
- [A] ボタンで1回引きます。
- [R] ボタンを押し続けていると連続で引きます。
- [Y] ボタンを押して、(他のボタンを押してない状態で)離すと初期状態に戻ります。
- [X] ボタンで終了します。

/////////////////////////////////

* スクリーンショット・動画 [#ScreenShots]
// 動作しているところを撮影した写真や動画があれば貼り付けてください。

// ページを作成すると、画像の添付ができるようになります。(作成する前はできません)
// 作成後のページの右上、ウィキメニューにある「添付」から画像をアップロードできます。
// (添付ファイルはページごとに別個に管理されています。必ず作成後のページに添付してください)
// 画像をアップロードしたら、以下の書式でページ内に貼り付けられます。
// #ref(添付ファイル名)

// 以下の書式で、YouTube やニコニコ動画を貼り付けられます。
// #youtube(0HWX7kovgY8)
// #nicovideo(sm13684820)
#ref(SDC10004.JPG,,50%)

/////////////////////////////////
// QR コードがない場合は、この部分は削除してください

* QR コード [#QR]
プチコンmkII 向けの QR コードです。

// 【重要】旧プチコンから mkII に転送したプログラムは、mkII で保存しなおしてから
// QR コード化すると、枚数が半分ぐらいに減ります。ぜひお試し下さい。
// 【重要】添付できるのは画像ファイルのみです。zip ファイルは解凍してください。

// ページを作成すると、QR コードの添付ができるようになります。(作成する前はできません)
// 作成後のページの右上、ウィキメニューにある「添付」から画像をアップロードできます。
// (添付ファイルはページごとに別個に管理されています。必ず作成後のページに添付してください)
// QR コードをアップロードしたら、以下の書式でページ内に貼り付けられます。
// #ref(アップロードしたファイル名)

// QR コードを大きくしたい場合は、倍率指定ができます。コンマは必ず 2 つ指定してください。
// ブラウザによっては補完がかかってボケますが、それでも問題なく読み込み可能です。
// #ref(アップロードしたファイル名,,200%)
#ref(GACHA_QR.png)
// 複数の QR コードを貼り付けるために表組みを用いる場合、&ref(); を使用します。
// (#ref() を表に埋め込んでしまうと、古い Internet Explorer でうまく表示されません)
// |>|>|~PRG:FILENAME|
// |~1/3|~2/3|~3/3|
// |&ref(qr0.png,,300%);|&ref(qr1.png,,300%);|&ref(qr2.png,,300%);|

/////////////////////////////////

* プログラムリスト [#List]
#basic{{
@BEGIN
CLEAR
GOSUB @GACHAINIT
GOSUB @SCRINIT
TRIAL=0
COMP2=0
SECRET=0
BGMPLAY 14
@MAINLOOP
IF NCAP==0 THEN @ED
B=BUTTON()
IF B AND 64 THEN @ED
IF B AND 16 THEN GOSUB @ONCE
IF B AND 512 THEN GOSUB @REN
IF B AND 128 THEN @RST
IF B AND 720 THEN @UPD
VSYNC 1
GOTO @MAINLOOP
@UPD
LOCATE 22,9:COLOR 0
PRINT RIGHT$(”   ”+STR$(TRIAL),4);
FOR I=0 TO 4
LOCATE 27,14+2*I:COLOR 0
PRINT RIGHT$(”   ”+STR$(NGET(I)),4);
NEXT I
LOCATE 22,11:COLOR 0
PRINT RIGHT$(”   ”+STR$(TRIAL*3),4);
IF SECRET==0 THEN @MAIN00
LOCATE 24,22: PRINT ”  ”
SPSET 14,CCHR(4),CPAL(4),0,0,1
SPOFS 14,192,168
SECRET=0
@MAIN00
IF COMP==0 OR COMP2>0 THEN @MAINLOOP
LOCATE 6,9:COLOR 1
BGMPLAY 8
PRINT ”コンフ゜!”
COMP2=1
GOTO @MAINLOOP
@RST
B=BUTTON()
IF B AND 128 THEN @RST
IF B==0 THEN @BEGIN
GOTO @MAINLOOP
@ED
BGMSTOP
LOCATE 4,20:COLOR 1
PRINT ”PRESS Ф TO END”
@ED00
IF (BUTTON() AND 64)==0 THEN @ED00
ACLS
END
@ONCE
IF BUTTON() AND 16 THEN @ONCE
BEEP 7
GOSUB @GETCAP
VSYNC 10
FOR I=0 TO 2
FOR J=0 TO 3
X=80+(J%2−1)
Y=132+4*I*I+4*(FLOOR(J/2)−1)
SPSCALE J,25
SPOFS J,X,Y
NEXT J
VSYNC 8
NEXT I
FOR I=1 TO 4
FOR J=0 TO 3
X=80+4*I*(J%2−1)
Y=168+4*I*(FLOOR(J/2)−1)
SPSCALE J,25*I
SPOFS J,X,Y
NEXT J
VSYNC 8
NEXT I
SPCHR 4,CCHR(TYPE),CPAL(TYPE),0,0,0
SPOFS 4,72,153
FOR I=1 TO 3
FOR J=0 TO 1
X=80+16*(J−1)
Y=152−2*I*I
SPOFS J,X,Y
NEXT J
VSYNC 8
NEXT I
VSYNC 8
FOR I=0 TO 3
SPOFS I,512,0
NEXT I
SPOFS 4,32,48,15
VSYNC 15
BP=55
IF TYPE==4 THEN BP=43
BEEP BP
LOCATE 5,7:COLOR 1
PRINT TYPE;” ヲ ケ゛ット!”
SPSET 20,CCHR(TYPE),CPAL(TYPE),0,0,0
SPOFS 20,32,48
SPOFS 4,512,0
VSYNC 15
RETURN
@REN
SPCLR 20
GOSUB @GETCAP
LOCATE 5,7:COLOR 1
PRINT TYPE;” ヲ ケ゛ット!”
SPSET 20,CCHR(TYPE),CPAL(TYPE),0,0,0
SPOFS 20,32,48
RETURN
@GETCAP
TRIAL=TRIAL+1
IF NCAP<=1 THEN @LASTCAP
GET=RND(NCAP)
TYPE=CAP(GET)
IF TYPE==4 THEN SECRET=1
FOR I=GET TO NCAP−1
CAP(I)=CAP(I+1)
NEXT I
GOTO @GETCAP01
@LASTCAP
GET=0
TYPE=CAP(0)
@GETCAP01
NCAP=NCAP−1
NGET(TYPE)=NGET(TYPE)+1
COMP=1
FOR I=0 TO 4
IF NGET(I)==0 THEN COMP=0
NEXT I 
RETURN
@SCRINIT
ACLS
VISIBLE 1,1,0,0,0,0
X=48: Y=0
S$=”フ゜チコン カ゛チャ”
FOR I=0 TO LEN(S$)−1
GPUTCHR X,Y,”BGF0”,ASC(MID$(S$,I,1)),15,2
X=X+16
NEXT I
COLOR 2
LOCATE 22,3:PRINT ”А 1カイ”
LOCATE 22,4:PRINT ”н レンソ゛ク”
LOCATE 22,5:PRINT ”Х リセット”
LOCATE 22,6:PRINT ”Ф シュウリョウ”
COLOR 0
LOCATE 22,8:PRINT ”ケッカ”
LOCATE 26,9:PRINT ”カイTRY”
LOCATE 22,10:PRINT ”シヨウホ゜イント”
LOCATE 26,11:PRINT ”00pt”
FOR I=0 TO 4
IF I<4 OR SECRET THEN @PUTCHR
LOCATE 24,22:PRINT ”??”;
GOTO @PUTCHRN
@PUTCHR
SPSET 10+I,CCHR(I),CPAL(I),0,0,1
SPOFS 10+I,192,(6.5+I)*16
@PUTCHRN
LOCATE 27,14+2*I:PRINT ”   0”;
NEXT I
FOR I=0 TO 19
FOR J=2 TO 15
BGPUT 1,I,J,586,13,0,0
NEXT J
NEXT I
BGPUT 1,9,15,545,13,0,0
FOR I=0 TO 19
FOR J=16 TO 23
BGPUT 1,I,J,545,13,0,0
NEXT J
NEXT I
RESTORE @GACHADATA
@PUTGACHALOOP
READ X,Y,C
IF X==−1 THEN @PUTGACHAEND
BGPUT 0,X,Y,C,13,0,0
GOTO @PUTGACHALOOP
@PUTGACHAEND
SPSET 0,6,2,0,0,0
SPSET 1,7,2,0,0,0
SPSET 2,9,9,0,0,0
SPSET 3,8,9,0,0,0
SPSET 4,0,1,0,0,0
FOR I=0 TO 4
SPOFS I,512,0
NEXT I
VISIBLE 1,1,1,1,1,1
RETURN
@GACHADATA
DATA 9,12,564
DATA 10,12,565
DATA 9,13,596
DATA 10,13,597
DATA 9,14,628
DATA 10,14,629
DATA 8,15,691
DATA 9,15,519
DATA 10,15,728
DATA 11,15,694
DATA 8,16,723
DATA 9,16,732
DATA 10,16,733
DATA 11,16,726
DATA 8,17,755
DATA 9,17,756
DATA 10,17,757
DATA 11,17,758
DATA −1,0,0
@GACHAINIT
DIM NGET(5)
NCAP=0
RESTORE @CAPDATA
FOR I=0 TO 4
READ CCHR(I),CPAL(I),CNUM(I)
NCAP=NCAP+CNUM(I)
NEXT I
DIM CAP(NCAP+1)
K=0
FOR I=0 TO 4
FOR J=0 TO CNUM(I)−1
CAP(K)=I
K=K+1
NEXT J
NEXT I
RETURN
@CAPDATA
DATA 68,5,500
DATA 100,6,200
DATA 130,11,300
DATA 194,3,300
DATA 68,7,10

}}

/////////////////////////////////
// コメントを募集したくないなら、ここから下は削除してください

* CHECKER FLAG (ひとことコメント) [#Comments]
この作品に対するコメントがあれば一言どうぞ。(作品に直接関係ない質問や雑談は[[掲示板>Board]]へ)
- ''ゆうしゃアシスタント'' : (^O^)/楽しそう! (&new{2012/06/06 (水) 17:08:07};)
- ''名無しさん'' : コンプ要素を付けて「プチコンプガチャ」って名前にしたら時事ネタっぽくてよかった (&new{2012/06/16 (土) 14:25:09};)
- ''キービィ'' : ボタン押しても動きません (&new{2012/06/27 (水) 16:13:20};)
- ''tokei'' : GBAなぜかおもいだした(-_-) (&new{2012/06/27 (水) 20:13:34};)
- ''なーゆ'' : R長押ししてたら簡単にコンプ出来るw (&new{2012/07/15 (日) 17:06:08};)
- ''名無しさん'' : QRコードいただきます! (&new{2012/08/12 (日) 23:26:42};)
- ''名無しさん'' : jj (&new{2012/10/19 (金) 16:41:14};)
- ''ウォーロック'' : おもろすぎるww (&new{2013/05/30 (木) 16:34:33};)

#comment

表示モード : [ スマホ・3DS対応表示 | クラシック表示 ]
PukiWiki 1.4.7 Copyright © 2001-2006 PukiWiki Developers Team. License is GPL. Based on "PukiWiki" 1.3 by yu-ji
ページの処理時間 : 0.005 秒 | ログイン
Copyright(C) 2011-2014 プチコンまとめWiki ◆1sxkymI8ji30