プチコンまとめWiki (初代/mkII)

スプライトの使い方

パンくずリスト

概要

このページでは、単なる命令紹介だけで終わらず、命令によって何が表現可能になるかを中心に書いていきます。

スプライトとは

スプライトとは、画面上に小さな画像を表示させる技術です。
プレイヤーや敵、アイテムなど様々なものを表示させることが出来ます。
管理番号というものがあり、管理番号によってスプライトを制御していきます。
スプライトの命令のほとんどの1つ目の引数は管理番号です。

スプライトを用いたプログラムは、実行画面で、コンソール面が著しく見にくくなることがあります。
そのような場合は、ACLSで画面を初期化してください。

スプライトの定義の仕方

プレイヤーを表示させてみましょう。
SPSET命令を使います。

  1. SPSET 0,68,0,0,0,0

1つ目の引数が管理番号で、2つ目の引数がキャラクタ番号です。
3〜4つ目はここでは、気にしないでください。
SPSET命令は、座標(0,0)に表示されます。

スプライトを制御してみよう

スプライトを制御する場合は、SPSETで定義しておく必要があります。そうでないとエラーになります。

スプライトの移動

スプライトの移動には、SPOFS命令を使います。 この命令さえ使えれば、プレイヤーの移動などを表現出来ます。

  1. SPOFS 0,239,175

この場合、画面左下に移動します。
1つ目の引数が管理番号で、2つ目,3つ目は座標(X,Y)です。

スプライトの拡大・縮小

SPSCALE命令により、拡大・縮小が出来ます。
0倍〜2倍に出来ます。ただし0倍にすると、見えなくなります。

  1. SPSCALE 0,150

1つ目の引数は管理番号で、2つ目の引数は、スケールです。
スケールは、パーセント単位で指定します。範囲は、0〜200です。
この例の場合、1.5倍になります。

スプライトの回転

SPANGLE命令により、回転が出来ます。

  1. SPANGLE 0,180

初期状態での回転は左上を原点として実行されますので、回転中心を変更したい場合は、SPHOME命令をご利用ください。
1つ目の引数は、管理番号であり2つ目の引数は角度です。
角度が180度傾きます。

スプライトのアニメ表示

SPANIM命令を使うと簡単なアニメ表示が出来ます。
これにより、歩いているプレイヤーなどを表現することが出来ます。

  1. SPANIM 0,4,1

1つ目の引数は管理番号で、2つ目の引数はコマの枚数です。
そして、3つ目の引数は、1コマあたりの表示させる時間です。単位はフレーム。1フレーム=1/60秒

スプライトのキャラ番号変更

SPCHR命令により、キャラ番号を変更することが出来ます。

  1. SPCHR 0,0

1つ目の引数は管理番号で、2つ目の引数は新しいキャラ番号です。

CHECKER FLAG (ひとことコメント)

コメントがあれば一言どうぞ。(作品に直接関係ない質問や雑談は掲示板へ)


表示モード : [ スマホ・3DS対応表示 | クラシック表示 ]
PukiWiki 1.4.7 Copyright © 2001-2006 PukiWiki Developers Team. License is GPL. Based on "PukiWiki" 1.3 by yu-ji
ページの処理時間 : 0.015 秒 | このページの最終更新 : 2016/02/20 (土) 21:13:40 (1388d) | ログイン
Copyright(C) 2011-2014 プチコンまとめWiki ◆1sxkymI8ji30